メインイメージ

投資を積極的に行う

投資を積極的に行うエンジェル投資家


エンジェル投資家とは、起業したばかりの会社や、あるいはまだ個人事業主として事業を行っている人に対して投資を行う個人を指します。ファンドやベンチャーキャピタルなども同じように投資を行うことがあるのですが、この違いは資金の違いだと言えるでしょう。エンジェルは、どちらかというと金額は小さい場合が多いのです。
ファンドやベンチャーキャピタルは慈善事業で行っているのではなくて、他の投資家から資金を集め、そしてそれを運用するために資金を提供します。事業が成功すればそれを出資者に対して返還するとともに、利益を分配するという形をとります。このときには大きな資金を効率よく運用することが求められますから、ある程度の規模が期待できる事業にしか出資しません。ですから、起業をするときなどにはあまり適していない事も多いのです。
エンジェル投資家の場合には、同じように株式や転換社債を購入する代わりに出資をしてくれるのですが、資金的にはあまり大きくない事も多いです。例えば、数千万円程度の出資に適していると言えるでしょう。ファンドやベンチャーキャピタルなどではなくて、基本的には個人が資金を提供すると言うことになりますから、資金的にはあまり大きくはありません。
また、すでに完成された会社と言うよりは、未完成の会社に適していると言えるでしょう。エンジェルは、単に資金を提供するだけではない場合が多いのです。例えば、経営についてのノウハウを持っていて、色々なアドバイスをくれることもあります。このあたりはベンチャーキャピタルに似ていると言えるでしょう。
投資対象として資金を提供するだけではなくて、不完全な部分を補いながら経営をサポートして育てていくというイメージでとらえるのが良いです。このような関係で結ばれるのがエンジェルだと考えられます。ですから、例えば一人のエンジェルの周りにいくつもの会社が形成されることも多いです。一つのグループが形成され、それぞれがビジネスパートナーとなっている事も多いのです。
もともとはヨーロッパで行われるようになったものなのですが、最近では日本でも普及しつつあります。日本の場合には個人がエンジェルとして投資をすると言うよりは、一つのまとまった組織として投資を行うことが多いですから、どちらかというとベンチャーキャピタルに近いとも考えられます。どちらにしても、あくまでも投資対象の一つですから、出資を受けるためにはビジネスモデルとしての説得力が必要となるのです。

Copyright© 2014 投資家の投資するポイントとは? All Rights Reserved.