メインイメージ

ノーリスクで起業する方法

ノーリスクで起業する方法とは


起業をするためには金銭的なコストや経済的なコストをかけなければならない上に、成功するかどうか分からないというリスクが存在します。ノーリスクで起業したいと考える人も多いでしょう。そうではなかったとしても、できるだけリスクを抑えたいと考えるのは当然のことです。経営を行っていく上では様々なリスクを考えなければならないのですが、ではそもそも起業時におけるリスクとはどういったものなのでしょうか。
リスクという言葉は、金融工学では標準偏差で表すことが多く、定量化して分析するときにはこのような方法が執られるのですが、実務的に考えた場合にはそれぞれで異なると考えるべきでしょう。ですから、まず何がリスクなのかを考える事が必要です。
起業に関するリスクとしては、失敗したときの損失の金額を考えるべきでしょう。例えば、飲食店を始めようと思った場合、費用を抑えるために色々な方法を行ったとしても、やはり数百万円くらいは最初に必要となってきます。そして失敗をすれば、それが全てなくなることもあるのです。数百万円というのが大きいのか小さいのかはそれぞれの判断によって異なるのですが、大きいと感じればリスクも大きいと言うべきでしょう。
リスクを抑えるためには、失敗した際の損失を小さくするのが良いと考えられます。例えば、最大の損失が1万円だと言った場合、これはリスクは高いでしょうか。どれだけ失敗しても1万円しか損しないと行った場合、多くの人にとってはほぼノーリスクだと言って良いでしょう。許容できる範囲のリスクしかなければ問題はないのです。
ですから、ノーリスクにつなげるためには初期費用を抑えることが必要となります。そのための方法には色々なものがあります。代表者が保証人となって借入をすれば、それは最悪の場合に借金を引きずらなければなりませんからハイリスクだと考えられます。それが必要のない借り入れを行う事ができれば、万が一の時には廃業をすれば良いだけです。ベンチャーキャピタルやエンジェル、あるいはクラウドファンディングなどのサービスを利用すればこのような事ができる場合も多いです。もちろんですが、ある程度はビジネスモデルがしっかりしていないと借りる事はできませんが、保証人になる事なく資金調達をできる場合があります。
このような手段を利用すれば、全てのリスクをゼロにできるとは限らないのですが、かなりノーリスクに近い状態で起業をすることができるでしょう。

Copyright© 2014 投資家の投資するポイントとは? All Rights Reserved.